ニュース&トピックス

NEWS

全401件のうち、1件目から10件目までを表示
1      3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41  

Feedを取得
2019/06/12

【重要】新環境への移行に伴うスケジュールおよび諸注意等について

平素はワイメールをご利用いただきありがとうございます。

先般のご案内の通り、この度ワイメールでは、セキュリティ向上などの目的から、お客様の配信環境を順次新しいプラットフォーム環境へ移行させていただきます。
重要なお知らせとなりますので、下記を必ずご一読いただきますようお願いいたします。

<新環境への移行に伴うスケジュールおよび諸注意等について>

(2019/6/14追記)
補足として以下へのリンクを追加いたしました。併せてご確認いただきますようお願いいたします。
<新環境への移行後に必要な作業はありますか?>

(2019/6/21追記)
「新環境への移行が不可能なケース」を追記しました。併せてご確認いただきますようお願いいたします。

(2019/6/24追記)
補足として以下へのリンクを追加いたしました。併せてご確認いただきますようお願いいたします。
<新環境が適用されていることはどうすれば確認できますか?>
2019/05/03

【重要】緊急迂回用メールサーバにおける流量制限実施について

現在提供しております緊急迂回用メールサーバにつきまして、単位時間あたりのフリーメールアドレス等への大量送信による受信ブロックを低減するため、メールサーバ側で流量制限を実施させていただきました。

以下の宛先につきましては、速くて1通2秒程度の配信流量となりますため、コントロールパネル上で「配信完了」となっていても、実際のメールの到着までタイムラグが発生いたします点ご了承ください。

---------------------
@gmail.com
@yahoo.*
@hotmail.*
@outlook.*
@msn.*
@live.*
@icloud.*
@docomo.*
@ezweb.*
@softbank.*
@i.softbank.jp
---------------------
※上記リストは随時変更される場合があります。

なおお客様におかれましても、メール送信設定を行う際は、設定例にもある通り【可能な限りゆっくり】配信されるよう、一斉送信数ならびに配信間隔を設定いただきますようお願いいたします。(例:16通送信したら60秒待つ)

なお、ブロック確率の高いスパム的要素の強い配信を行われているお客様につきましては、引き続きリレーの禁止措置を取らせていただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。
2019/05/02

【重要】緊急迂回用メールサーバ利用についてのご注意

昨日提供を開始いたしまいた緊急迂回用メールサーバにつきまして、単位時間あたりに大量のリレーを行われているお客様の影響で、フリーメールサービス宛ての配信などにおいて一部配送遅延や不達が発生しているようでございます。

メール送信設定を行う際は、設定例にもある通り【可能な限りゆっくり】配信されるよう、一斉送信数ならびに配信間隔を設定いただきますようお願いいたします。(例:16通送信したら60秒待つ)

弊社側で単位時間当たりの配信数が多いと判断した場合は、適宜お客様の環境からの配信間隔を調整させていただいておりますのであらかじめご了承ください。

またブロック確率の高いスパム的要素の強い配信を行われているお客様につきましては、リレーの禁止措置を取らせていただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。
2019/05/01

【重要】緊急迂回用メールサーバの提供について

4/16夜から発生いたしました、Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件につきまして、全体的に解消傾向にあるようですが、誠に残念なことに未だに不達状態が継続しているお客様もいらっしゃるようでございます。
弊社で調査いたしましたところ、同じIPアドレスから複数のGmailアドレス宛に配信されたメールが、一方は届き、もう一方はブロックされる現象を確認致しました。
恐らく、Gmailなどのフリーメールアドレスでは複数の受信サーバーを用意しており、サーバーごとにブロック解除の反映がまばらなため、届かないお客様がいらっしゃるものと弊社では推測致しております。

これに伴い、本件の一時的解決の為、弊社でも迂回サーバーを用意させていただきました。
今回対象のIPアドレスが割り当てられているお客様に対し、別途迂回用メールサーバの接続情報をお送りしております。
現時点でまだGmailなどのブロックが解除されていないお客様におかれましては、下記およびお送りした接続情報をご参照の上、外部SMTPサーバの指定を行って送信をお試しいただけますようお願い申し上げます。

<外部のSMTPサーバを経由して配信する場合の設定例>

なおご提供するリレーサーバは、共用サーバとなりますので、ワイメールのポリシーである送信元の一貫性が失われる点につきましては、あらかじめご理解賜りますようお願い申し上げます。
また本サーバは一時的なご提供となり、問題が解消された際や弊社が不適当と判断した場合は提供を終了させていただきます。
その際は再度メール送信設定を元に戻していただく必要がございます点、あらかじめご了承ください。
2019/04/26

【重要】一時的に外部のメールサーバを経由してメールを配信する方法について(2/2)

外部メールサーバを経由してメールを配信する方法について、ヘルプページに改めて設定例を作成いたしましたので、必要に応じてご参照くださいますようお願い申し上げます。
<外部のSMTPサーバを経由して配信する場合の設定例>
2019/04/22

【重要】一時的に外部のメールサーバを経由してメールを配信する方法について(1/2)

4/16夜から発生いたしました、Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件について、現在ワイメールに関係するIPアドレスは、spamhausのブロックリストからは外れておりますが、一部まだGmailなどの受信ブロックが続いている環境があるようでございます。

繰り返しになり恐縮ですが、各フリーメールサービス宛てに、お客様ご自身で解除申請を行っていただくことで、早期解決が図れる場合がございますので、対応をご検討ください。
https://www.y-ml.com/help/junk-mail/156-deliv-error-to-hotmail

なお上記ヘルプ内、「解除申請を行った後は?」で解説している、「一時的に他のメールサーバをリレーさせ送信する」方法については、マニュアルの下記ページに説明がございますので、ご参照いただきますようお願い申し上げます。

■メール送信設定
メールの基本的な送信設定を行う画面です。
ワイメールで貸与されたサーバ(Localhost)だけではなく、お客様がご利用中の他の外部サーバを経由させて配信することができます。
https://www.y-ml.com/manual.pdf#page=68

■SMTP設定
あらかじめ経由させたい外部サーバを登録しておくことができます。
https://www.y-ml.com/manual.pdf#page=46

なお、外部サーバを経由した場合は、配信履歴にエラー情報が正常に反映されない場合がございます。
また外部サーバのサービスの仕様により、配信数の上限などが決まっている場合がございますのでご注意ください。
外部サーバの仕様や制限等につきましては、サーバ提供会社までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
2019/04/18

【重要】Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件についてのFAQ(3/3)

----------------
■今回配信エラーとなりエラー停止状態となった読者を、再度配信可能状態に戻すにはどうすればよいですか?

配信エラーで停止状態にある読者は、自動では戻りませんので、手動で配信可能状態に戻して頂く必要がございます。
以下の手順でエラー停止の読者を一括で配信可能状態に戻すことが可能です。

1. コントロールパネル内、「メールマガジン設定>メルマガID>基本設定の編集」ページにアクセス
2. ページ中ほどにある、「一度配信解除(配信停止またはリストから削除)されたメールアドレスを管理者は再登録しない(ブラックリスト機能)」チェックボックスが有効な場合はチェックを外して保存する
3. 「メールマガジン設定>メルマガID>読者リストの編集」ページにアクセス
4. 検索項目の「状態」のプルダウンメニューを「エラー停止」にする
5. 「お名前(姓名) / メールアドレス」欄に「@gmail.com」や「@hotmail.co.jp」のように、今回の件でエラー停止となったドメイン名を入力
6. 不達情報の「受信先又は転送先アカウントが存在しない」を 「1~(空欄)」にする
7. 検索ボタン下の「チェックした読者を」を「上記の検索条件に合う読者を」に変更
8. 「削除してブラックリストに登録」を「不達情報をリセット」に変更して、実行ボタンを押下
9. 4,5,7の手順を再度実行(不達情報はリセットされているので、6の手順はしない)
10. 「削除してブラックリストに登録」を「配信可能状態にする」に変更して、実行ボタンを押下
11. 4~10の手順をエラー停止となったドメイン分繰り返す

但し、上記の手順で配信可能状態に戻した場合、今回の件とは無関係に、過去に同様の不達原因でエラー停止となっていた読者も配信可能状態になります。
そちらの読者に関しては一斉配信の際に再度エラー停止となる可能性がございます。

なお、対象の読者が少数の場合は、下記ヘルプページの方法で1件ずつ個別に配信可能状態に戻すことも可能です。
<エラー停止状態から配信可能状態にした読者が、勝手にエラー停止状態に戻ってしまいます>
https://www.y-ml.com/help/users/162-automatically-stops-by-error.html

以上よろしくお願い申し上げます。
2019/04/16

【重要】Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件についてのFAQ(2/3)

----------------
■そもそも不達になった場合どういったエラーが(エラー画面)が出るのでしょうか?

配信エラーは、「メールマガジンの設定>メルマガID>配信履歴一覧>履歴詳細」のページの上から三番目、到達状況に表示されます。
詳細に関しましては、下記オンラインマニュアル143ページをご参照ください。
https://www.y-ml.com/manual.pdf#page=143

----------------
■なぜSpamhouseにIPがセグメントレベルで登録されてしまったのでしょうか?

残念ながら弊社でも登録された理由を把握しておりません。
相当数のIPアドレスがセグメントごとまとめて登録されていることから、お客様単体の配信などが原因ではないと存じますが、いずれにせよ原因は不明であり、弊社から登録された理由などのご案内は致しかねます。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

----------------
■今回の件はフリーアドレスが対象であって、それ以外のドメインは大丈夫なんでしょうか?

スパムフィルターに「Spamhaus」を使用しているメールサーバー宛に送信したメールがエラーとなっている可能性が非常に高いと推測されます。
フリーメールアドレスでも、「Spamhaus」を使用していないYahoo.co.jp等のメールアドレスでは、本件による不達などは観測しておりません。
逆に、「Spamhaus」を使用しているアドレスであれば、フリーメールアドレスなどは関係なく不達になる可能性はございます

----------------
■今回のことによりIPの評価が落ちて今後不達が増える可能性はあるでしょうか?

申し訳ございませんが、こちらにつきましても、各メールサービスの仕様に依存いたしますので、弊社でご案内することは出来かねます。

ワイメールのサービスポリシー上、送信元の一貫を重視し、関係法規を遵守した受信者にとって有用なメール配信を今後も継続していただくことようお願いいたします。
またブロックが解除された場合でも、しばらくは可能な限り「メール送信設定」より、配信間隔を長くとっていいただくことをお勧めいたします。

その他受信ブロックに関しましては、下記コラムも併せてご参照いただきますようお願い申し上げます。
<フリーメールサービスに受信ブロックされた時の対策 メルマガ送信間隔をコントロール>
https://www.y-ml.com/column/archives/869
<受信ブロックとIPウォームアップ>
https://www.y-ml.com/column/archives/636

----------------

以上よろしくお願い申し上げます。
2019/04/16

【重要】Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件についてのFAQ(1/3)

平素はワイメールをご利用いただきありがとうございます。

本日ご案内させていただいた標記の件について、これまでによくお問い合わせいただいている
件について下記の通りFAQをお示しいたしますので、ご参考になれば幸いでございます。

----------------
■自分がワイメールで使っているIPアドレスがわかりません。

お客様のIPアドレスは、初期設定完了時の「設定完了のお知らせ」というメールに記載されております。
その他、下記のサイトなどで調べることができます。
https://www.cman.jp/network/support/nslookup.html
※「ホスト名」にご利用中のドメイン名を入力し「nsloolkup実行」→「入力の逆引き または 正引き」に
 出てきたものがIPアドレスです。

----------------
■Spamhouseへ申請をしたら「That IP address is already removed from the PBL」とエラーが表示されました。

上記のエラーメッセージは、「入力されたIPアドレスは既にリストに存在しない」という内容になります。
すでにお客様のIPは、ブラックリストから削除されております。

----------------
■Spamhouseへの申請後、どの程度でブラックリストから削除されますか?

実績上、おおよそ30分ほどでブラックリストから削除される見込みです。

----------------
■Spamhouseのブラックリストから削除された後も、Gmailなどへの配送が不達になります。

Gmailなどへ反映されるまでに多少のタイムラグがあるかと存じますので、時間をおいてから、再度確認していただければと思います。

----------------
■Gmailなどのブロックが解除される目安としては何時間くらいですか。

申し訳ございませんが、こちらは各フリーメールサービスの裁量によるものとなりますので弊社で明確な時間をご案内することは出来かねます点、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、一部のお客様の実績としては、Spamhouseからのブロック解除後、数時間程度でGmailのブロックも解除されたという報告を受けております。

可能であれば、念のため、一晩程度様子を見ていただき、その後Gmailアドレスへのテスト配信などでご確認いただければと存じます。

また、各フリーメールサービス宛てに、お客様ご自身で解除申請を行っていただくことで、早期解決が図れる場合がございますので、ご検討ください。
https://www.y-ml.com/help/junk-mail/156-deliv-error-to-hotmail

なお大変申し訳ございませんが、ワイメールで、送信したメールのヘッダー情報を表示する機能はございませんので、解除申請時にメールヘッダーの提出を求められた場合には、お客様の環境から配信されたメールを正常に受信できるメールアドレスを用意し、そのアドレス宛にテストメールを送ることで確認可能かと存じます。
受信したメールのヘッダー情報を確認する方法に関しましては、下記リンクなどをご参照ください。

https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/ihan/header.html

----------------
2019/04/16

【重要】Gmailやoutlook系のフリーメールアドレスへの配信がエラーになる件について

平素はワイメールをご利用いただきありがとうございます。

現在、複数のご利用者様から、Google社が運営する gmail.com 、Microsoft社が運営する hotmail.co.jp, hotmail.com, outlook.com, live.jp 宛のメール配信が、昨日の夜頃を境に、「受信先又は転送先のアカウントが存在しない」エラーとなる事象の報告を受けております。

本件に関して弊社で調査いたしましたところ、Spamhaus(Gmailなどが利用しているスパム対策サイト)のブラックリストに、「153.122.0.0/17」の範囲のIPアドレスがまとめて登録されているのを確認致しました。
参考URL: https://www.spamhaus.org/pbl/query/PBL1716850

配信環境のIPアドレスが「153.122.*.*」のお客様が、本事象に該当致します。
IPアドレスは、初期設定時に送信している、「【ワイメール】設定完了のお知らせ」メールに記載されているほか、下記のページなどでお客様のワイメール環境のドメイン名から確認可能です。
http://www.ipsearch.jp/ip/21.html

本件についてお問い合わせいただきました分につきましては弊社でもPBLへブロック解除申請を行っておりますが、お客様の方で直接下記のURLから解除申請を行って頂く事で、早期解決が可能です。日本語のFAQもございますのでご確認下さい。
■解除申請
https://www.spamhaus.org/pbl/removal/
■FAQ(日本語)
https://www.spamhaus.org/faq/pblfaqjp.html#188

解除申請時の各入力項目には、下記のようにご入力ください。
-----------
「IP Address to remove」 → お客様の環境のIPアドレス
「Your Email Address」 → フリーメールなどではない、受信可能なお客様のメールアドレス
「This IP is in Country」 → 「Japan」
「This IP Address is」  → 「Static」
「This IP Belongs to」 → 「A Mail Server」
「Enter the Numbers shown」 → 表示されている画像の数字を入力
「Submit」ボタンをクリック
  ↓
「Enter your 5-digit code」→ お客様のメールアドレス宛に送信された確認コードを入力
「Finish」ボタンをクリック
-----------

本件に関しましては、下記オンラインヘルプも併せてご参照ください。

<ある日から「受信先又は転送先のアカウントが存在しない」のエラーが多く発生しました>
https://www.y-ml.com/help/deliveryerror/251-suddenly-account-not-exists.html
<フリーメールアドレスへの配信で「受信先又は転送先のアカウントが存在しない」のエラーが大量に発生します>
https://www.y-ml.com/help/junk-mail/156-deliv-error-to-hotmail
<[不達原因] 受信先又は転送先アカウントが存在しない>
https://www.y-ml.com/help/deliveryerror/51-account-not-exists.html
<受信ブロックを回避するための目安はありますか?>
https://www.y-ml.com/help/junk-mail/335-recommended-ip-warmup-schedule.html

以上お手数をおかけいたしますが、ご確認の程お願い申し上げます。

全401件のうち、1件目から10件目までを表示
1      3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41  

ログイン
導入事例
公式コラム