マルチパートメールの仕組みとワイメールでの設定方法

今回もメール配信システム「ワイメール」の公式コラムをご覧いただきありがとうございます。

スマホやPCメールの普及に伴い、メールマガジンでも文字の装飾や画像の装飾が行えるHTML形式のメールが選択されることが主流となってきましたが、HTMLを表示できないメーラーを使用している読者も一定数います。

今回は、そんなHTMLメール事情を裏で支える、マルチパートメールの仕組みとワイメールでの設定方法について解説していきます。

マルチパートメールとは

マルチパートメールとは、テキストやHTML、画像ファイルやExcelファイルなどの複数のデータ形式を内包したメールを指します。

テキストメールに添付ファイルを追加した場合もマルチパートメールと呼べますが、一般的にマルチパートメールといった場合、テキストパートとHTMLパートを持つメールのことを指すため、本コラムではそちらを解説します。

マルチパートメールを送信すると、HTMLメールに対応している表示環境ではHTMLが、非対応の環境ではテキストが表示されるようになります。

マルチパートメールの仕組み

Toヘッダの宛名と敬称の設定を確認しようでも少し触れましたが、メールには、送信元のメールアドレスや送信経路、ドメイン認証の結果などを記述する「ヘッダ」と、実際のメールのデータが記述されている「ボディ」が存在します。

マルチパートメールでは、マルチパートであることを示す既定の文字列を記述し、ボディの中のデータを各パートごとに区切ることで、受信サーバーやメーラーがデータの判別を行えるようになっています。

これにより、メーラーのHTML対応/非対応や、受信者の設定に合わせて、表示するデータが自動で選択されるようになります。

マルチパートメールのメリット

マルチパートメールは、受信者の環境に合わせて適切な表示方法が選択されるため、伝えたい情報を、あらゆる読者に正確に伝えることが可能です。

また、送信相手がHTMLに対応しているかどうかを気にする必要がなくなるため、受信環境によってメール形式を変更するなどの、送信者側にかかる負担がなくなるほか、HTMLメールをスパムメールとして扱う受信環境にも受け入れられやすくなるというメリットがあります。

ワイメールでの設定方法

ワイメールでは自動でテキストパートが作成される

ワイメールでは、記事作成時に「メール形式」でHTML形式(汎用HTML/PC向けHTML/スマートフォン向けHTML)を選択することで、お客様が入力されたHTMLソースを解析し、配信時に自動でテキストパートが作成されます。

試しに、HTMLエディタVersion2(β版)で、簡単なHTMLメールを作成して配信してみましょう。

ワイメールではHTMLの知識がなくても簡単に装飾が行えるよう、専用のHTMLエディタが搭載されています。また、Ver2.19からは、よりテーブルレイアウトの作成や直感的な操作が行いやすくなったHTMLエディタv2をご利用いただけるようになりました。

共通設定>システム情報から、「HTMLエディタ(β版)」で「使用する(Version2)」を選択し、ぜひ使用感や改善点のフィードバックを頂けますと幸いです。

HTMLエディタVersion2の基本的な使い方

作成したHTMLメールを送信し、iPhoneの標準のメーラーアプリで開いてみます。

ワイメールから送信したHTMLメール(iPhoneの標準メールアプリで表示)

記事の編集画面で作成したとおりのHTMLが表示されました。

次に、HTMLが表示できない、MMSで同じメールを開いてみます。

上と同じメールをHTMLが表示できないMMSで開いた場合

HTMLメールで表示されていた文字の部分だけが表示され、画像やURLは、それぞれ適当な形に変換されて表示されています。

このように、ワイメールでは、お客様側で面倒な設定等をする必要は一切なく、HTMLメールを送信するだけで、HTMLが表示できない環境の読者にも過不足なく情報を伝えることが可能になっています。

注意点

上記の通り、ワイメールでは自動でマルチパートメールが送信できますが、当然ながら、自動で生成されるテキストパートは、HTMLパートの中の文字列から生成されています。

ごくまれに、文章ごと1枚の大きな画像としてアップロードし、画像1枚をそのまま送信するお客様がいらっしゃいますが、この場合、対象となる文字が存在しないため、HTMLが表示できない環境ではタイトルのみが表示されてしまいます。

また、画像のみの送信の場合、迷惑メールフォルダへの振り分けなどが行われてしまう可能性もございますので、伝えたい情報はきちんと文章として送信することをお勧めします。

最後に

ワイメールでは、お客様の細かいご要望にもお応えできるよう、日々機能を整備しております。

機能追加や改善のご要望については、お問い合わせページよりご送信いただけますと幸いでございます。引き続きワイメールをよろしくお願いいたします。

免責事項

当コラムの内容は、コラム執筆時点での内容です。今後のバージョンアップ等により、仕様やインターフェイスが変更になる場合がございます。

また、各メーラーの仕様や設定については、弊社サポート対象外となります。お問い合わせいただいてもご回答いたしかねますので、あらかじめご了承ください。