メール配信の基礎知識

BASIC KNOWLEDGE

メルマガ配信にはテキストメールとHTMLメール、どちらが良い?

メルマガ配信の際に、よく使われているメール形式が「テキストメール」と「HTMLメール」です。それぞれの特徴を把握して使い分けることで、メルマガ配信の効果を高めることができます。こちらでは、それぞれの特徴や目的に応じた形式の選び方をご紹介します。

テキストメールの特徴とメリット

テキストメールの特徴とメリット

テキストメールは、文字だけで構成されたメールのことです。ビジネスや個人で使用する場合のほとんどは、この形式でしょう。テキストメールのメリットは、下記のような点が挙げられます。

  • 専門的な知識が必要なく、誰でも簡単にメールを作成、送信することができる
  • データ量が少なく、どの画面でも見やすい
  • 受信者側のメールソフトや受信環境に左右されることが少ない
  • セキュリティに弾かれにくい

しかし、文字だけでメルマガ配信を行うと読みづらい、読み手が飽きてしまうといったことを懸念する方もいらっしゃるでしょう。テキストメールでメルマガ配信を行う場合は、記号を使って装飾したり、段落分けをしたりと、工夫することをおすすめします。

HTMLメールの特徴とメリット

HTMLメールの特徴とメリット

HTMLメールとは、WEBページを作成する際に使われているマークアップ言語で作成されたメールで、文字の大きさ、色を指定することが可能です。また、画像の添付や動画の挿入ができるため、読み手にわかりやすく伝えることができる、イメージがつきやすいというメリットがあります。

デザイン性があるメールは、視覚的に訴求でき、内容を最後まで読んでもらいやすくなります。さらに、メールの「開封率」を把握できることも、メリットの一つと言えるでしょう。

用途別に使い分けよう!

テキストメールとHTMLメールにはそれぞれメリットがありますので、目的に応じたメール形式で作成することをおすすめします。

テキストメールが適している場合

例えば、通常のメッセージのやり取りや営業担当名義で個別にキャンペーン情報を送る場合にはテキストメールがおすすめです。

テキストメールは1対1でのやり取り、つまり個人名義で情報を送る際に向いています。文頭に季節の挨拶や相手の名前を入れるなど、オリジナルの文章を付け加えると良いでしょう。しかし文字だけで多くの情報を掲載しても、すべてに目を通してくれるとは限りません。テキストメールに記載する情報は絞ることをおすすめします。

HTMLメールが適している場合

メルマガ配信やセミナー、イベントの案内メールの場合は、概要を見やすくレイアウトできるHTMLメールが良いです。

興味のある内容でもセミナーの雰囲気や講師の顔がわからないと不安になり、参加に踏み出せないという方も少なくありません。HTMLメールにセミナーの様子や講師の写真、地図などを掲載すると、セミナーの雰囲気が伝わりやすく、読者の不安を取り除くことができます。

HTMLメールは購買意欲アップを期待できるだけではなく、開封率を把握できるため、実際の集客人数や傾向を予測することができます。

テキストメール・HTMLメールの特徴とメリット、用途別の使い方をご紹介しました。「定額でメルマガ配信・ステップメールを利用したい」「メール会員だけにお得な情報を提供したい」といったご要望はございませんか?

メルマガ配信のシステム導入をご検討中の方は、ワイメールをご利用ください。ワイメールは、これまでに3000人以上のお客様にご利用いただいているメルマガ配信ツールです。

HTMLエディターやステップメールなど、数多くの機能を搭載していますので、プログラミングの知識がない方でも装飾文字や画像をメルマガに取り入れることが可能です。また、読者のお名前などをメール内に差し込みできるため、よりカスタマイズされたメルマガ配信が可能になります。

ワイメールは、士業・コンサルタント業・セミナー講師の方、医院やサロンの経営者の方、学校や町内会関係者の方、ネットショップ運営者・広告代理店の方など、幅広い業種におすすめです。契約前に無料で使い心地を体験できますので、ご興味がある方はぜひご検討ください。

メルマガ配信のシステム導入をご検討中の方はワイメールへ相談を

会社名 株式会社イグレックス
代表取締役 安原 大策
住所 〒190-0034 東京都立川市西砂町3丁目67−8 ラ・フォンテ荻野306
電話番号 042-520-6740 (サービスに関するお問合せはこちら)
FAX 042-520-6741
Email info@y-ml.com
営業時間 10:00~18:00(土日祝祭日を除く)
事業内容
  • WEBアプリケーションの開発・販売・保守業務
  • インターネットによる広告および広告代理業務
  • 通信コミュニケーションシステムの運営事業
  • メールマガジン配信サービス運営業務
  • その他前各項に関連する業務
備考 WEBサイト,WEBアプリケーション等の受注開発等は行っておりませんのでご了承ください。
販売ページURL https://www.y-ml.com/
ログイン
導入事例
公式コラム