導入事例 - ドリームワン株式会社 様

 

ドリームワン株式会社 様

町の不動産屋さんにも、MAという名の優秀な営業マンを - システムの営業から成約までの重要なプロセスと、不動産業界のITリテラシー向上の一端を、ワイメールが担っています。

ドリームワン株式会社は、不動産業向けCMS「ドリームX」の開発を行う会社です。また代表の中野社長は、不動産業界のマーケティング力とITリテラシーの向上を目指し、自らブログの執筆活動やワイメールを利用したメールマガジンで情報発信に努めています。今回、同社のドリームX開発責任者である守屋航太様と岩崎晃様に、ワイメールの活用方法やその導入効果などについてお話を伺いました。

― まず御社の事業内容や主力サービスについて教えていただけますか。

弊社は、不動産業者向けに「ドリームX」というCMSソリューションを提供している会社になります。 不動産業にとってHPは集客ツールの一つですが、最終的な目的はいかに知名度を上げるかだと考えています。そのためには多くの人に見られなければなりません。すなわちHPを訪れるきっかけとなる有益なコンテンツが必要で、お客さんに役立つコンテンツがあれば自然とPVが集まってきます。これはMA(マーケティングオートメーション)の面から見ても非常に重要です。

そういった有益なコンテンツを不動産屋さんが簡単に作ることができるよう開発されたのがドリームXです。ドリームXは誰でも直観的に操作できるUIをベースに「ブログ機能(コンテンツ生成機能)」「物件入力機能」「アクセス解析機能」を3本柱として備えています。

ただし、相対的に見ればITに関して遅れている業界です。そこで弊社としては不動産業者様向けにセミナーを開催したり、必要に応じて電話サポートなども行っています。

― その中で、メール配信はどのような役割を持つのでしょうか

一言で言えば、コンテンツマーケティングに非常に役立っています。代表がブログを書いてアウトプットを図っていますが、書いただけだと訴求性が低いので、その記事を書いたことをメルマガで発信したりしています。

弊社のお客様は、ほぼ100%代表のメルマガを読んでいらっしゃいます。メルマガやブログの告知からセミナーへご参加いただき、最終的にご契約をいただくというのが、現在の主な流れです。

つまり、弊社にとってはなくてはならない非常に重要なマーケティングツールであると同時に、お客様に段階的にコーチングを行っていくためのエデュケーションツールとも言えます。

― そんな中、ワイメールの採用に至った経緯を教えてください。

それまでは競合他社さんのサービスを使用していましたが、配信後のクリック率などが時系列で確認できないなど、使い心地の面でいくつか不満がありました。 そんな時に費用も抑えめで、機能も多いワイメールさんを見つけ、一度お試しをしてみようという話になりました。

その結果、思っていた以上に、解析機能を含め全体的な使い勝手がよく、また後からわかった話ですが、エラーメールの処理成功率もかなり良いことが判明しました。 また連続して大量配信を行った際、それまでは予期せぬ遅延で完了までの時間の推測が困難だったのですが、ワイメールはそれがほとんど無いので配信計画が立てやすかったです。

価格体系が同程度で機能が上、かつ使いやすいのであればワイメールの方がよいという結果になりました。

― 実際に業務でワイメールを活用してみた感想はいかがでしょうか。

率直にいいサービスだと思っています。具体的には、他社は配信ごとの反応が時系列で確認できなかったのですが、ワイメールではそれが一目でわかります。どのような件名の記事がよく読まれるかなど、PDCAを回しやすくなりました。

また、他社では配信予約を行った後に、予約完了のダイアログが出るだけで、実際にメールが配信されるまで本当に予約されているのか不安な部分がありましたが、ワイメールではそのあたりのUIも明確で助かっています。

また、最近はステップメール・ループメール機能も積極的に活用するようになり、全体的には、技術者の視点から見ても、営業の視点から見ても、あらゆる配信に対応できるサービスだなという印象です。

― 最後に、御社で今後展開していきたいことなどがあったら教えてください。

実は我々も、ドリームXにメルマガ配信の機能を搭載してみようと思っています。

お客さんがどうやってHPに来て、どんな行動をして成約に結びついたのか、といった情報をさらにクリアにし、メルマガ機能も併用して単なるCMSではなくレベルの高いMA機能を備えた統合システムに成長させていきたいと思っています。それはつまり、我々がドリームXやワイメールを使って培ったノウハウを、お客様にも展開していきたいということです。

また大手さんのように、メルマガで住んでいる町の情報を提供するなど、アフターケアにも力を入れ、顧客満足度を高めていきたいと思います。こういう考えに行き着いたのも、メール配信の重要性と効果を再認識させてくれたワイメールさんのおかげだと思っています。ぜひワイメールさんにも、今後さらにMA関係の機能を高めていってくれたら我々としても嬉しいです。

― お忙しいところご協力ありがとうございました。

お客様プロフィール

会社名
ドリームワン株式会社
所在地 東京都三鷹市下連雀3-33-13 三鷹第二ビル202
事業内容 ソフトウエアの開発、保守サポート、ホスティングサーバーの運営
WEBサイトの制作、不動産営業コンサルティング(営業支援/開発支援/IT支援)
各種セミナーの運営
Webサイト
https://dreamone.co.jp/

サービス紹介

ドリームX

https://dreamone.co.jp/



※本インタビューは2018年3月時点の情報です。

ログイン
導入事例
公式コラム