導入事例 - 株式会社フォー・ディー・コーポレーション 様

 

株式会社フォー・ディー・コーポレーション 様

暮らしの夢を叶える、新しい生活のカタチ。 - 目指すべきは「家具選びといえばSTYLICS」。ワイメールでシステム化された顧客フォローアップで、お客様との信頼関係を構築しています。

株式会社フォー・ディー・コーポレーションは、「STYLICS(スタイリクス)」というインテリアサービスのブランドを手掛ける会社です。インテリアコーディネート事業や家具レンタル事業などを中心に、お客様の家具専任コンシェルジュとして、満足度の高いサービスを日々提供しています。今回、同社のオンラインショップ担当者である藤井友希菜様に、ワイメール導入のプロセスやその効果についてお話を伺いました。

― はじめに、御社の主力事業や御社ならではのサービスについて教えていただけますか。

弊社の展開する「STYLICS(スタイリクス)」は、簡単に申し上げますと、理想のお部屋づくりをお手伝いするインテリアコーディネートショップになります。

人生の中で家具を買う機会は多くない中、日々忙しいお客様においては、家具を吟味する時間を十分確保するのも難しいのが現状です。そこで、短時間でのご相談内容をもとに、弊社で取扱う150ブランド7万点のアイテムに精通したプロの専任のコーディネーターがトータルコーディネートを担当し、お客様のライフスタイル、望まれるお部屋のイメージを具現化し、細部にわたり最適なご提案をさせていただいております。さらにそれらの発注や配送の手配まで全てを行わせていただきます。

また、家具をご採用いただいた後、細かなスタイリング、例えば生活雑貨やインテリア小物等のご要望もございます。それに対応するために始めたのが、現在のオンラインショップであり、その業務の一環として、メルマガ配信などで商品告知を行っています。

― 家具のレンタルとはどのようなサービスなのでしょうか。

お引越しで費用がかさむ中、家具一式コーディネートするとそれなりの金額になりますので、初期費用を商品代金の3割程度に抑えて、月々約3%のレンタル料で理想のインテリアを手に入れやすくするシステムです。賃貸契約更新の目安である2年を最低利用期間として、その後は、いつでも返却・買取が自由に選べます。

さらにレンタルではありますが、家具はすべて新品で、デザインやサイズなど幅広い選択肢からお選びいただけます。

また、買取料が、3年2か月までなら購入価格と支払い済みの総額の差額で設定されていますので、最初に購入するのと比べても金利や手数料といった追加の費用が無いのもお客様の支持を頂いているポイントです。

― ワイメール導入に至った背景や選定時に重視された点は何でしょうか。

以前使用していたメール配信サービスでは送信数上限があり、それを超えると費用が一気に上がってしまうという懸念がありました。実際にその上限に近づいていたため、それを気にしながら運用をするというのは、ストレスでもありました。また使い勝手についてもいくつか不満もあり、更新期限も迫っていたため、切り替えに踏み切りました。

決め手になったのは、やはり費用的なところと、配信上限がない点です。それに加えて以前のサービスと同等以上の機能を満たしていました。他社も5社以上比較検討しましたが、我々が求めるすべての要件をすべてクリアしていたのはワイメールさんだけでした。

また、家具事業を手掛ける弊社としては、お客様のお引越し予定日という特定の起算日から逆算してメールで告知ができるループメールの機能が、非常に魅力的でした。

― ワイメールを活用する中で、ループメールを含めどのような効果を感じておられますか。

まず切り替え前と比べて機能の不足があっては困るので、そこが維持できるのが大前提でしたが、加えてさらにコストも抑えられたため、最良の選択であったと思っています。実際、同僚からの評判もとても良いですし、特にループメールについては、他社でそのような機能を満たせるサービスはありませんでした。

また配信履歴では、クリック情報をビジュアル的に把握することができます。他社ではクリック測定対象のURLの一覧だけが列記されていて、どれがどの記事のどの部分のものだったかを調べるのが、非常に大変でストレスでした。

それに比べてワイメールではそれが直観的にすぐわかり、集客の面において、弊社サイトへの流入効果が可視化できています。ループメールに限らず、全体的に配信ごとのレスポンスが見えやすいため、それによりPDCAが明確になるところが非常に良い点です。

FAQやヘルプも充実していますし、サポートに問合わせた際も、わかりやすく、できることできないことも含め、迅速な回答をもらえるので助かっています。

― 今後のメール配信業務の運用目標や、御社のビジネスの展望などはありますか。

現在は号外配信の頻度がそれほど多くありませんが、せっかく無制限なので徐々に増やしていき、お客様との接触を積極的に図っていきたいと思っています。あとはポイント機能などその他の機能についても、うまく応用して、キャンペーンのようなものを行っていけたら良いかなと。

会社の今後の目標としては、やはり店舗業務がメインなので、店舗サービスの質の向上はもちろんですが、ブランドとして認知度を上げることにも、併せて力を入れていきたいです。

「家具選び」が必要になった時、思い浮かぶお店やサービスの名前は人それぞれかと思いますが、そこで反射的に「STYLICS」という名前がぱっと浮かんでいただけるように、さまざまな努力をしていきたいです。まだまだ小さい会社ではありますが、少しずつ前進していければと思っています。

― お忙しいところご協力ありがとうございました。

お客様プロフィール

会社名
株式会社フォー・ディー・コーポレーション
所在地 東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
事業内容 家具インテリアコーディネートショップSTYLICS(スタイリクス)の運営
家具レイアウトツールSTYLE BOARD(スタイルボード)の運営 など
Webサイト
https://www.stylics.com/

サービス紹介

家具インテリアコーディネートショップ
STYLICS(スタイリクス)

https://www.stylics.com/

STYLICS オンラインショップ

http://stylicsshop.com/



※本インタビューは2018年4月時点の情報です。

ログイン
導入事例
公式コラム