ワイメール 公式オンラインヘルプ

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

反映の確認

Eメール 印刷 PDF

サブドメインとNSレコードの情報が反映されているか確認します。

NSレコードの指定完了後、しばらく時間をおいてから、DNSチェックサイトなどにアクセスします。ここではCMANのDNSチェックサービスを利用した例で説明します。

 

フォームに以下のように入力します。

  • ホスト名  :今回用意したサブドメイン(ワイメールに持ち込むサブドメイン)
  • オプション :NS
  • DNSサーバ :レジストラのネームサーバのうちいずれか1つ(※)

※上の例ではお名前.comのネームサーバ(01.dnsv.jp)を指定しています。この部分はお客様の環境に合わせて適宜変更してください。

※お客様ご自身で既存ドメインのDNSを管理されている場合はそのネームサーバ名を入力してください。

「dig実行」をクリックします。

結果が表示され、「AUTHORITY SECTION」に、

  • サブドメイン名. "TTL秒数" IN NS ns1.y-ml.com.
  • サブドメイン名. "TTL秒数" IN NS ns2.y-ml.com.
  • サブドメイン名. "TTL秒数" IN NS slave1.igreks.co.jp.

という表示があれば、正常に反映されています。

※大文字小文字は問いません。また3つの順番は入れ替わっていても問題ありません。

※レジストラによっては、反映されるまで最大で24時間ほどかかる場合があります。上記と異なる結果となった場合は、反映待ちの状態か、NSレコードの指定方法が誤っている可能性があります。

反映の確認ができたら、独自ドメインのお持ち込みの準備はすべて完了です。お疲れさまでした!

さっそくワイメールにの申し込みをしましょう!

最終更新 2020年 2月 12日(水曜日) 12:21