業種別/用途別のご使用例

RECOMMEND
こんな方にお勧めです!

ワイメールなら幅広い業種・用途に対応が可能です

士業・コンサルタント業・セミナー/講師業の方

士業,コンサルタント業,セミナー/講師業の方

クライアントや見込み客への段階的な情報提供に、ステップメールを利用するのはもはや当たり前と言ってもいいでしょう。
一般のステップメールサービスは、1契約につきステップメールが1つしか利用できない場合がほとんどですが、ワイメールなら定額で複数のステップメールを同時に運用することができます。
新規顧客開拓として重要な無料メールセミナーや、ご契約クライアントへの定期的なコンサルタントメールを、一括で管理することが可能です。
ステップメールは、セミナー参加者へのフォローや自社サービスPRなど、その後の売上や営業に結び付けるための重要なマーケティングツールとしても活躍してくれます。
また自動メルマガを活用することにより、契約期限前に自動的に契約更新のご案内や告知のメールを送信することも可能です。

医院・サロン・施設サービス経営者の方

医院・サロン・施設サービス経営者の方

施設サービス・店舗サービスを営む方にとって、顧客離れは一番の課題です。医院や診療所であれば、処方や検査の予定日に患者さんがきちんと来てくれなければ、予定が大幅に狂ってしまいます。
しかし一般の方は、次回の来店/来院予定をどうしても忘れがちで、必要に迫られてからやっと来ることも少なくないでしょう。
そんなときに活躍してくれるのが、自動メルマガと日付型のフィルタを利用したメール配信です。
ワイメールでは、会員情報に特定の日付情報を設定することができ、その日付を基に、7日前や3日前などに自動的に定型メールを配信できます。つまり、読者登録日(会員登録日)から起算してメールを送るステップメールとは逆に、読者個別の日付情報から逆算してメールを配信することができるのが自動メルマガの大きな特徴です。
例えば、「次回来店予定日」に「○○年4月1日」という情報を設定しておけば、3日前であれば3月29日に自動的に案内メールが送信されます。
高度な技術を駆使して、リピーターの獲得や顧客離れの防止をお手伝いします。

自治体・学校・PTA・町内会関係者の方

自治体・学校・PTA・町内会関係者の方

ワイメールでは、1契約で複数のメルマガ・ステップメール・自動メルマガを作成/管理することができますので、身内の複数の組織をメルマガ別に管理することもできます。
例えば、学校の全クラス分のメルマガを作成してそれらを各担任が管理したり、PTA役員や町内会役員を地域別に管理することも可能です。
1つのメルマガに全ての会員を登録した場合でも、読者ごとにさまざまな自由項目を割り当てることができますので、配信時にそれらを基にフィルタリング(絞込み)して、必要な人だけにメールを配信することもできます。
また、本文内にクリック測定対象のURLを挿入することで、クリックした読者一覧の確認できますので、重要な連絡事項の「読んだよ」メールとしてもご利用いただけます。
ステップメールや自動メルマガを上手く活用すれば、行政サービスなどでは地域の文献や文化を段階的に紹介したり、図書貸し出しサービスの返却期限前にメールで告知する、などといったさまざまな使い方が可能です。

ネットショップ運営者・広告代理業の方

ネットショップ運営者・広告代理業の方

ASPタイプのネットショップやECサイトの場合、多くの機能は定額で利用できるのに対し、会員向けのメール配信だけは配信数による従量課金になるなど、別料金のサービスが多く存在します。
また一般的なメール配信サービスは、配信数または読者登録数による従量課金がほとんどですが、ワイメールの場合は、読者登録数・配信数無制限で定額料金となっています。
現在ご利用中のメール配信サービスでのコストを懸念されている方は、ぜひワイメールをお試しください。
ワイメールでは読者ごとに細かな情報設定が可能であり、設定されたすべての読者情報がメール内に差し込み可能ですので、ECシステムと同等の顧客管理システムとしてもご利用いただけます。
また、デフォルト状態の配信能力を上回る大量配信をご予定のお客様には、別途リソースの拡大や、複数IPによる分散配信および受信ブロック自動回避オプションなどもご用意しております。

定額でメルマガもステップメールも複数運営したい

定額でメルマガもステップメールも複数運営したい

一般的なメール配信サービスやステップメール配信サービスでは、1契約につき1つのメルマガまたはステップメールのみ使用可能である場合がほとんどですが、ワイメールではメルマガもステップメールも複数の媒体を作成して管理することができます。
またメルマガを複数誌発行できる既存サービスの場合、読者登録総数での上限がある場合が一般的ですが、ワイメールでは読者登録数の上限もありません。したがって、お客様の配信環境能力が許す限りお好きなだけ媒体を作成し、読者を登録していただくことができます。
料金面でも、一般的な読者数や配信数による従量課金ではなく、定額料金ですので、月によって配信数が大きく上下することがあっても、追加料金などは一切ありません。

専用環境で配信したいがサーバ管理とコストが不安

専用環境で配信したいがサーバ管理とコストが不安

共用型のメール配信サービスの場合、仮に誰かが迷惑メールを配信してしまうと、必然的にその他の利用者の配信にも影響してしまいます。
それに対して自社専用のメール配信環境を構築することで、これらのリスクを低減させることができますが、数十万円~数百万円のシステム構築費用がかかる上に、定期的なサーバ保守管理が必要になります。
また、一般の共用サーバなどを用いて専用配信環境を構築しようとすると、メール配信数の上限があったり、負荷をかけてしまった場合にサーバ管理会社から警告を受けるリスクもあります。
ワイメールはASPサービスでありながら、契約者個別の専用配信環境をその都度構築してご提供するため、完全に独立した自社専用環境と同等の条件となります。
もちろんメール配信専用のプラットフォームですので、高負荷による警告や他者への影響もほとんどなく、お客様でサーバ管理の必要もないため、メールの配信作業や受信者のケアなどに労力を集中していただけます。

期限が近付いたら自動的にフォローメールを送りたい

期限が近付いたら自動的にフォローメールを送りたい

読者登録日(会員登録日)から起算して段階的にメールを配信する、いわゆるステップメールはもはや一般的で、現在では数多くのサービスが存在します。しかし逆に、読者個別に設定してある任意の日付情報から逆算して、その人のタイミングにあった事前の告知メールを自動送信できるサービスはなかなかありません。
ワイメールでは、日付型の読者情報を個別に付与し、配信時のフィルタリング(絞込み)でこの日付に対する条件を指定することで、上記のような、読者一人一人にあった事前/事後告知のようなメール配信を行うことが可能です。
契約更新の案内メールを送りたい場合などは、自動メルマガのストーリーとして一度組み込んでしまえば、更新があったらその会員の日付情報を書き換えるだけで、次の期限に対しても自動的に更新案内メールが配信されます。
一定の期間で契約を結ぶ形のサービスや、月額サービスの更新案内メールなどに特におすすめです。
ワイメール会員の契約期限、無料お試し期限前に配信される更新案内メールも、この機能を使って実現しています。

メール会員だけの期間限定キャンペーンを告知したい

メール会員だけの期間限定キャンペーンを告知したい

ワイメールでは、読者だけが一定期間閲覧できる、期間限定ページ機能も備えています。
キャンペーンページなどを別途作成し、ワイメールコントロールパネルで期間限定ページとしてURLなどを登録すると、そのページに閲覧期限を設けることが可能です。
期間限定ページは、そのコンテンツをプログラムにより出力しますので、読者がページのURLをブックマークしても、期限を過ぎると自動的に閲覧できなくなります。
閲覧期限は、単純に日付で判定する方法に加え、読者登録日からの一定期間、メール配信日からの一定期間が指定できます。
期間限定ページでクーポンなどを配布することで、メルマガに登録してもらうメリットを高めたり、任意の申し込みフォームなどをアップすれば、自動的に募集の打ち切りができます。

ログイン
導入事例 ビジネスパートナー募集